必要な資本金の目安

株式会社設立に必要な資本金の額の目安

株式会社設立をするときには1,000万円の資本金が必要だというのは、すでに過去のことです。
現在の会社法では金額に関する規制は全くなくなりました。
ですから、たとえば20円の資本を設定して株式会社設立をすることが可能と言えば可能です。
会社法上はこのようなことが可能で、実際に少ない出資で設立した人もいるようなのですが、これは必ずしもよいことではありません。
業種によっては認可を受けなければならないのですが、その際の要件に引っかかることがありますし、取引先に対する信用度にも問題が生じることがありますから、やはりある程度の金額は準備しておかなければなりません。

では、具体的にはどれくらいを目安にすれば良いのでしょうか。
認可が必要な場合、もちろんですが認可の要件を満たすだけの金額は準備しなければなりません。
たとえば建設業許可を取るためには、資本が500万円以上なければなりません。
資本ですから、それが継続的になければならないわけで、株式会社設立の時の資本金とは少し意味合いが異なる面も否定はできませんが、やはり500万円は一つの目安として考えておかなければなりません。
他にも貸金業を営もうと思った場合には、5,000万円が必要となりますから、これを最初にそろえる必要があります。
要件を満たさないとその業種で営業することはできないのですから、これは目安と言うよりも最低ラインと考えておきましょう。
では、認可などが必要ない場合にはいくらでも良いのかというと、そうでもありません。
確かに資本金に対する規制はありませんが、たとえば資本金が20円であれば、ふざけた会社だと思われてしまうのではないでしょうか。
このような会社とは取引したくないと考えるのは自然なことです。
信用度が得られないことにもつながり、具体的な弊害としては銀行口座を開設できなくなることなどが挙げられます。

このようなことを考えれば、やはり株式会社設立の時にはある程度の出資額は必要となるのですが、その目安となるのが300万円です。
というのは、かつて有限会社が存在していたときの最低ラインが300万円だからです。
もっと多く準備できるのならそれでも良いですが、300万円くらいが一つの目安になると考えておきましょう。
どうしても資金を集めることができないというのなら、現物出資で株式会社設立する方法もあります。
たとえば自動車や不動産を出資すれば、ある程度の金額にはなるでしょう。

最新投稿

  • 印鑑に関する知識

    株式会社設立と印鑑に関する基礎知識 株式会社設立をする際には新規で印鑑を作成するのが一般的です。その印とは一般 …

    続きを読む...