印鑑に関する知識

株式会社設立と印鑑に関する基礎知識

株式会社設立をする際には新規で印鑑を作成するのが一般的です。その印とは一般的には代表印と呼ばれる会社の代表者の意思を示す印に加えて銀行取引の決済などに使用する銀行印、そして社内で様々な目的に使用する角印と呼ばれる3種類の印であり、これらは会社設立時の印鑑3点セットなどと呼ばれてオーダーメイドでの作成が可能です。
この様な印は会社を代表する非常に重要な印であり、様々な契約などにも利用数rことになる印ですので慎重に準備する必要があるでしょう。一般的には複製などによるトラブルに巻き込まれることを防ぐために必ず自分自身で新規に作成するという手順を踏むのが一般的です。

この内代表印というのは社長に当たる人物が所有して使用する最も権限の強い印として扱われることになります。そのため会社の実印として印鑑証明の登録にも使用されます。この印鑑証明は株式会社設立のためにも必要な書類ですので、株式会社設立の前の段階で完成している必要があると言えます。デザインにも一定の範囲で作る必要がありますので注意しておくとよいでしょう。実際の商店でオーダーメイドする場合には必要な案内が行われるのが一般的ですので必要以上に心配することはありませんが、後から気軽に作り直すことは難しいため、注意しておく必要があると言えます。
代表印というのは印鑑証明とセットで様々な契約に使用することが多くなる印であると言えます。そのため誰もが自由に使用できるという管理は危険であり、一般的には経営者など決済の責任を負っている人物が厳重に管理しているのが一般的です。その様な仕組みによって会社の意思表示等が行われているということが出来るでしょう。活躍の場については非常に多い部類に入る印です。

その様な株式会社設立のために必要な印には他にも銀行印と呼ばれるものがあります。この銀行印は直接的に株式会社設立に必要になるというものではありませんが、資本金を払い込んだ証明が株式会社設立手続きの中で必要になるため、そのための銀行口座を作る場合に必要になると言えるでしょう。この銀行印は代表印と類似した見た目であることが一般的ですが、表に出る代表印とは異なり、あまり人目に晒すことのない様に別のデザインで作られることが多くなっています。この様な二種類の印は株式会社設立のために重要な役割を果たす物ですので、会社を作ると決めたら早い段階で準備を進めるのが良いでしょう。