司法書士が代行

株式会社設立は司法書士が代行してくれます

株式会社設立は最低資本金額が1円から可能になっています。
これは会社法が改正されことにより、従来の最低資本額は1000万円と言う金額でしたが、会社法が改正された事で最低資本金額は大幅に減額され、現在では1円から株式会社設立が可能になっているのです。

また、会社法が改正されたことにより、定款の中での自由度が高くなっていたり、類似商号の緩和、役員の人数の緩和や監査役の専任の緩和、資本金の払い込み証明など様々な緩和が行われており、従来は株式会社設立が難しいものとされていたのですが、会社法が改正されたことで柔軟な対応が取れるようになっており、会社を作りたいと考えていた人も会社法が改正されたことで株式会社設立がし易くなっているのです。

尚、類似商号の緩和と言うのは、同一エリアの中で同じ事業目的や同じような商号を持つ会社が存在してはならないと言うルールが従来は存在しており、株式会社設立を行う時などでは法務局に出向いて、これから会社を作ろうとしている人が法務局で会社の商号や事業目的を調査して、他の会社などが自分の会社と同じような商号を利用していたり、同じような事業目的を持つ会社の有無を調べていたのです。

この調査を行う事で同一管轄内で類似している商号や事業目的を持つ企業が既に登記をしている場合は、自らの会社の商号を変更する事が必要だったのです。
それ故に、従来の株式会社設立には時間が必要とされていたのです。

また、資本金の払い込み証明と言うのは、金融機関を利用して資本金を払い込みした後、従来は金融機関に対して払込証明書の作成を依頼しなければなりませんでした。
この払込証明書は資本金を払い込みをしたと言う証書であり、金融機関に依頼をして発行をして貰っていたのです。
しかし、これから会社を作ると言うのは信用が有りませんので、信用が無い会社に対しての払込み証明の書類の作成をして貰えないケースが多くあり、払い込み証明書の作成を行って貰える金融機関を探さなければなりませんでした。

しかしながら、会社法が改正されたことで、払い込み証明書というものは、通帳の記帳のみで良くなっており、色々な部分で規制緩和が行われているのです。
尚、会社設立は代行会社でもある司法書士が全ての業務を代行してくれます。

司法書士が在籍をしている法律事務所では会社設立代行を手掛けている所も多くあり、これから会社の準備をしなければならない人々のサポートを司法書士が手掛けているのです。