条件は厳しくない

株式会社設立をするための条件は厳しくない

株式会社設立をするのは難しいと思っている人は今でもたくさんいらっしゃると思いますが、実は難しいものではありません。
簡単だというと言い過ぎかも知れませんが、昔に比べれば条件はかなり緩和されていると言えるでしょう。
具体的には、人数の面と資本金の面で緩和されていて、現在のところは少しお金がある人なら一人でも株式会社設立ができるようになっています。

人数の面についてですが、かつては株式会社設立のためには、3名の取締役と1人の監査役を会社役員としておかなければなりませんでした。
業務そのものは1人だけでこなせたとしても、節税のために株式会社設立をしようと考える人も多くいるわけですが、そのために自分以外の取締役2名と監査役になってくれる人を探さなければなかったのです。
名義を貸して欲しいと言われたことのある人もいると思いますが、これはこのような事情があったからです。
これは時代に合っていないと考えるのは自然なことではないでしょうか。
この条件が緩和されて、現在では監査役は不要で、そして取締役が1人でも良いということになっていますから、つまり1人で株式会社設立ができるようになりました。

そのためには譲渡制限会社にすることは必要ですが、1人なら譲渡制限会社にすることによるデメリットはなく、むしろ譲渡制限をかける方がメリットは大きいと考えられるのです。
次に資本金についてですが、かつては株式会社設立のために1,000万円を用意しなければなりませんでした。
それができない場合には、300万円の資本金で設立のできる有限会社を選んだ人も多くいたのです。
しかし、この資本金に関する条件は完全に撤廃されました。
ですから、最低金額が法律で定められなくなりましたから、たとえば10円の資本金で株式会社設立をすることもできるようになったのです。

このように、現在の会社法では株式会社設立の条件はかなり緩和されているわけですから、簡単とは言いませんが、かなり設立しやすくなったと言えるでしょう。
設立にかかる費用は、法定費用やその他の費用を加えても30万円以内に納めることもできるでしょう。
たとえば、資本金が100万円の株式会社を設立することなら、貯金のできる人にとってはハードルは高くはありません。
個人事業主が節税の目的で株式会社設立をするケースが増えてきているのも、このように条件がかなり緩和されたことが影響していると考えられます。