挨拶状の例文

株式会社設立時の挨拶状の例文について

株式会社設立を行う事で個人事業を手掛けていた時と比べると世間からの信頼を得られるようになります。
個人事業を手掛けている時など、資金が不足した場合、金融機関に融資をして貰いたい時など信頼性が少ないために融資が行われないケースも有ります。
また、会社によっては個人事業主との取引をしない所も有りますが、株式会社設立を行って会社組織になる事で取引が開始出来るケースもあるなど、株式会社設立には世間からの信頼性を高める効果を期待出来るのです。

更に、株式会社設立を行う事で家族と一緒に働いている場合などでは給料を支給することが出来るメリットや、所得税から法人税と言う形に変わるため、株式会社設立を行った方が税金面で有利になるケースも多くなってきますし、個人事業主の時には認めて貰えなかった経費も、会社組織にする事で経費として認めて貰えるようになるなどのメリットも有ります。

尚、これらのメリットは全てに対して言える事ではないのですが、個人事業を手掛けている時に年収700万円を超えている場合などでは株式会社設立を行った方が税金に対する優遇措置がとれると言われているのです。
因みに、会社勤めをしていた人が独立をして会社を作ると言うケースもあるわけですが、個人事業を手掛けていた人が会社組織を作る場合や会社勤めをしていた人が独立をして株式会社設立を考えた時など、既存の顧客やお世話になっている人に対しては何らかの形で会社を作る、設立を行う事を考えていると言った事を口頭などで伝えているものです。

しかし、会社を設立した後は、それぞれの会社やお世話になっている人に対しての挨拶状を作成して、会社を設立したことを報告しておく必要が有ります。
挨拶状を製作するのは会社登記を行った後でも良いのですが、挨拶状には幾つかのルールなどがあるため、前もって例文などを参考にして下書きを作っておくと安心です。
尚、例文と言うのはインターネットの中に情報として収集する事が出来ますので、インターネットを使って挨拶状を作ってみる事も出来るのです。

また、株式会社設立を代行会社などに依頼をしている場合などでも、挨拶文の例文などを提供してくれたり、挨拶状の代行も手掛けてくれるケースが有りますので、代行を利用する事でどのようなタイミングで作れば良いのかや、発送するのは何時頃が良いのかなどを教えて貰う事も出来ますし、その分他の業務を行うなど準備をする事も出来るのです。